浦上天主堂、秘密教会

キリシタンが多く潜伏した浦上の地。
そこにはとても語り尽くせぬ深い歴史があります。

uragami01

1965年、大浦天主堂において「信徒発見」が起きてから約3年の間に、
キリストの教えを待望していた浦上地区には4つの「秘密教会」が建てられました。
今で言えば、大浦天主堂の巡回教会のようなものでしょうか。
弾圧に晒されつつも、秘密裏に宣教師がミサなどを行っていたと伝わっています。
現在は碑と看板を残すばかりで、あまり多くの事を窺うことは出来ません。

●秘密教会である、公現の聖マリア堂跡と、聖フランシスコ・ザベリオ堂跡。

uragami02 uragami03

これら秘密教会は政府に重点的に狙われていたようで、
ここでの信者の一斉検挙が、のちの「浦上四番崩れ」に直接つながっていくことになるのですが、
段階的に浦上の信徒達は日本全国に配流されることとなり、なんとその総数は3394名を数えることなります。
彼らはその大規模な流罪を信仰の「旅」であると捉え、その道ゆきに従って行きましたが、
記録には、命を落としたものが613名と残され、
いかにそれが非人道的で残酷なものであったかという事を後世に伝えています。
(「浦上崩れ」については、ぜひこちらの記事もご覧ください。)

●拷問石。棄教を迫るための拷問の道具として用いられた。
DSCN0842

時を経て、明治6年(1873)。海外諸国からの圧力により禁教令は取り下げられて、
浦上信徒達は念願の帰郷が叶うのですが、そこで待っていたのは恐ろしいほどの窮乏。
しかし、それでも彼らの信仰は潰える事はなく、
大声で自由に祈ることが出来る時代がやって来たことを何よりも喜ぶのでした。

さて、かつての秘密教会はすでに破却されていましたから、
彼らがミサを守るためには、何キロも先の大浦天主堂まで歩いて通う必要がありました。
これではさすがに不便だという事で、仮の聖堂が建てられますが、
それも何千もの信徒を抱える地域には不釣り合いなものでした。

そんな中、テオドール・フレノ神父が明治21年(1888)に浦上教区の司祭となります。
新会堂建築に燃え、もともと大工の家の生まれでもあった神父は、明治25年より設計を開始。
程なくして着工し、工事を継続しつづけるも、明治44年(1911)に過労で逝去。
後任のラゲ神父が設計を大幅に変更し、大正3年(1914)、信徒発見50周年に間に合う形で
ようやく信徒たちが待望した会堂が完成したのでした。

しかし、それから30年後、浦上の信徒たちはまたも大きな試練に遭うことになります。
昭和20年(1945)8月9日、長崎への原爆投下。爆弾が炸裂したのはまさしく浦上の真上でした。
町は全くの焦土となり、大量の信徒が死去し、また、苦心して築き上げた教会もほぼ全壊してしまうのです。

●浦上天主堂旧鐘楼。原爆被害の遺構をそのまま遺している。

uragami04

苦難の連続。
それでも、やはり教会の再建築は生き残った信徒たちにより進められ、
昭和34年(1959)に現会堂が建築されてゆきます。
教会のうちに働く神の力。
それを静かに、そして力強く物語るのが、この聖堂ではないでしょうか。

DSCN0836

今では、日本のカトリック教会において最大規模の教会となっており、
その比類のない復興の歴史は、クリスチャンに勇気を与えると共に、
キリストのご復活を思い起こさせてくれる重みを持っている、そのようにすら感じさせるものです。

***取材後記***

この、「公現の聖マリア堂跡」は、探すのに本当に苦労しました。
もちろん、地図はプリントアウトして持参しましたし、事前にインターネットでも検索済。
けれども、長崎の坂の急峻さを計算に入れていませんでした…。

出張の荷物を入れるカートを引きずりながら、あるいは持ち上げながら、坂や階段を昇ることしばし。
「あっちかな、こっちかな」と、二・三回道を間違え、ようやく民家の庭先に見つけた、小さな小さな看板です。

行った証拠に写真を撮らねばなりませんが、看板の他には何もなく、傍から見れば、民家の庭を写真撮影しているようにしか思えません。
そそくさと写真撮影し、その場を後にしたのですが…。

当時は、今ほどには開発されていなかったであろう、あの場所。
だからこそ、秘密教会たりえたのだと思います。
ひっそりとあの場所でだけ、「私はキリスト者だ」ということを確認出来たところ。
今では、おそらく観光客は誰も通らず、巡礼者のみが立ち寄る場所かもしれません。

かすれてしまっているようなその案内看板の文字。
もしかしたら、この文字のように、私達の中から何か大切なものが薄れかけているのではないか?
ちらっと、そんなことが頭をよぎる訪問でした。

***ご案内***

浦上天主堂(カトリック浦上教会)
〒852-8112 長崎市本尾町1-79

公現の聖マリア堂跡
長崎市辻町7-14

聖フランシスコ・ザベリオ堂跡
長崎市橋口町7-14