三ノ丸御鷹屋敷跡ー黒田如水隠居地

黒田如水、またの名を黒田官兵衛孝高という人物は、大河ドラマにもなりましたので、ご存じの方もおられるかと思います。
今回お訪ねしたのは、その如水が晩年に一時期過ごした屋敷跡地です。
縦横無尽に軍略を巡らせた一大軍師としてとても有名ですが、
彼もまた、洗礼を受けた戦国大名の一人でした。

kuroda01

高山右近、他にも同じくキリシタン大名であった小西行長らの影響を受け、
如水が受洗したのは天正11〜13年頃(1583〜1585)と伝わっています。

実の所、秀吉から棄教令が出された際に、彼は右近らとは異なりその命令に服従しました。
ですから、その信仰面については、余り多くが語られる事がないのですが
いくつかのエピソードが今に伝えられています。

例えば、キリシタン大名として名を馳せた大友宗麟の息子、
大友義統に受洗を勧めたのは如水でした。
受洗直後に棄教令が出たために、すぐにその信仰を棄てる事になってしまうのですが、
その約6年後、文禄2年(1593)に朝鮮で大失態をしでかし、失意に沈む義統に向けて
対話の為にわざわざ宣教師を派遣したという話が伝わっています。

また、如水は徹底した“リアリスト”であって、
キリシタンになったのも海外貿易などを有利に進めるための
実利の為という人物評がなされることがあります。
そこでよく引用されるのが、

「神の罰より主君の罰おそるべし。」
(神の罰より、主君の罰の方が恐ろしい)

という発言です。確かに、不信心な感じもしなくはありませんが、
実は、この言葉には続きがあるのです。

「主君の罰より臣下の罰おそるべし。そのゆえは神の罰は祈りてもまぬるべし。
主君の罰は詫言して謝すべし。ただ臣下百姓にうとまれては必ず国を失う。」
(主君の罰より部下による罰の方が恐ろしい。
なぜなら、神には祈る事が出来る、主君には詫びて謝る事が出来る。
しかし、部下や民に疎まれれば、必ず国を失うからである。)

kuroda02

右近のように、どこまでもまっすぐな信仰では無かったかもしれません。
しかし果たして、キリストを全く棄てていたかどうか。

慶長9年(1604)に59歳で没した如水ですが、
博多の神父に自分の遺体を預けるように指示し、
神父たちの今後の保護と教会への献金を遺言して
この世を去った事が今に伝わっています。

***取材後記***

実は、なかなか場所がわからなくて、あたりを何周もして汗だくになってやっとたどり着きました。この近辺は大濠公園もあって、人通りも多いのですが、ここだけは「隠居地」にふさわしく静かな雰囲気でした。
この方の歩みを表面だけ見て評価しない方も少なくないのですが、殉教したらOKで棄教したらNGというのは、あまりにも安易ではないでしょうか。
この場所は私に多くを語りませんでしたが、今の時代にこの日本でキリスト者として生きる私たちに、間違いなくつきつけるものがあります。
同じ国に、こうして命を与えられているのですから・・・

***ご案内***
三ノ丸御鷹屋敷跡ー黒田如水隠居地
福岡県福岡市中央区城内