五島列島を訪ねてーその4

長崎港から西に100㎞あまりに浮かぶ五島列島。
江戸時代の後半に、弾圧を逃れるため大勢のキリシタンたちが移住したと伝わっています。
明治に弾圧は再び繰り返されますが、1873年に禁教の高札が取り除かれると、
信徒により、およそ50もの教会が建築されました。

今回は、お訪ねした教会・史跡をいくつかダイジェストでご紹介いたします。

(※教会見学には事前連絡が必要な場合がございます。
もし、お出かけの際には、お調べ頂いた上ご訪問下さいませ。)


カトリック楠原教会

kusuhara_01 kusuhara_02

明治45年(1912)献堂。
修築・増築などを繰り返していますが、外観は建設当時のままです。
「五島崩れ」においては、この地域の信徒のリーダーの家が牢屋として用いられ
信徒たちが強制的に収監されたと伝わっています。

***ご案内***
カトリック楠原教会
〒853-0703 長崎県五島市岐宿町楠原

カトリック水ノ浦教会

mizunoura_01 mizunoura_02

明治13年(1880)献堂。
「五島崩れ」では、明治元年(1868)に、
クリスマスを祝おうとしていたこの地域の信徒たちを
一斉に検挙するという事件が起こっています。
捕らえられた60名余りのキリシタンは、収監され激しい拷問を受けました。

***ご案内***
カトリック水ノ浦教会
〒853-0701 長崎県五島市岐宿町岐宿1644

カトリック貝津教会

kaitu_01 kaitu_02

大正13年(1924)献堂。
現在の美しいステンドグラスなどが設置されたのは、
昭和37年(1962)の増改築の際との事です。
踏み絵でこの地域の信徒が検挙されたことが記録に残っています。

***ご案内***
カトリック貝津教会
〒853-0604 長崎県五島市三井楽町貝津458

カトリック井持浦教会

imochiura_01 imochiura_02

明治30年(1897)献堂。
台風の被害を受け、昭和63年(1988)に再建されています。
「五島崩れ」の影響を受けなかった唯一の地域と伝わっています。
また、教会敷地内にあるルルドは日本で最古の歴史を誇り、
多くの巡礼者を集めています。

***ご案内***
カトリック井持浦教会
〒853-0411 長崎県五島市玉之浦町玉之浦1243