五島列島を訪ねてーその2

長崎港から西に100㎞あまりに浮かぶ五島列島。
江戸時代の後半に、弾圧を逃れるため大勢のキリシタンたちが移住したと伝わっています。
明治に弾圧は再び繰り返されますが、1873年に禁教の高札が取り除かれると、
信徒により、およそ50もの教会が建築されました。

今回は、お訪ねした教会・史跡をいくつかダイジェストでご紹介いたします。

(※教会見学には事前連絡が必要な場合がございます。
もし、お出かけの際には、お調べ頂いた上ご訪問下さいませ。)


カトリック青砂ケ浦教会

aosugaura_01 aosugaura_02

明治43年(1910)に現会堂が献堂。
上五島(中通島を中心とした一帯の通称)では中心的な存在の教会です。
石材は隣の頭ケ島、レンガは壱岐島から運搬されたと伝わっています。

***ご案内***
カトリック青砂ケ浦教会
〒857-4402 長崎県南松浦郡新上五島町奈摩郷1241

冷水教会

hiyamizu_01 hiyamizu_02 hiyamizu_03

明治40年(1907)に献堂。
「五島崩れ」の影響がとても大きかった地域であり、
元からいた信者は、一人も復帰する事はなかったそうです。
生涯30以上の教会を建設した大建築家の鉄川与助氏が
初めて手がけたのはこの教会でした。

***ご案内***
カトリック冷水教会
〒857-4401 長崎県南松浦郡 新上五島町網上郷623−2

大曽教会

ooso_1 ooso_02 ooso_03

大正4年(1915)に現在の会堂を建立。
木造の旧会堂は土井ノ浦教会に移築されました。
大曽の地域は今も住人の大半がカトリック信者とのこと。
その信仰は変わらず守られ続けています。

***ご案内***
カトリック大曽教会
〒857-4404 長崎県南松浦郡新上五島町青方郷2151-2