五島列島を訪ねてーその1

長崎港から西に100㎞あまりに浮かぶ五島列島。
江戸時代の後半に、弾圧を逃れるため大勢のキリシタンたちが移住したと伝わっています。
明治に弾圧は再び繰り返されますが、1873年に禁教の高札が取り除かれると、
信徒により、およそ50もの教会が建築されました。

今回は、お訪ねした教会・史跡をいくつかダイジェストでご紹介いたします。

(※教会見学には事前連絡が必要な場合がございます。
もし、お出かけの際には、お調べ頂いた上ご訪問下さいませ。)


カトリック中ノ浦教会

nakanoura_01 nakanoura_02 nakanoura_03

大正14年(1925)の献堂。
この一帯は、慶応4年(1868)に起きた迫害、「五島崩れ」での弾圧が
最も激しい地域であったと伝わっています。
また、この中ノ浦の信徒の祖先は、遠藤周作の「沈黙」の舞台ともなった、
長崎県の黒崎村(現長崎市下黒崎町)であり、
まさに迫害の連続であった事を思わされます。

***ご案内***
カトリック中ノ浦教会
〒853-2303 長崎県南松浦郡新上五島町宿ノ浦郷中ノ浦

カトリック旧鯛ノ浦教会

kyuutainoura_01 kyuutainoura_02 kyuutainoura_03

明治36年(1903)の献堂。(初代会堂は明治14年に建設)
この地では、明治3年(1872)に「鯛ノ浦の六人斬り」
という悲惨な迫害事件がありました。
「キリシタン征伐」と称して、胎児までもが惨殺されたこの背景には、
五島といえども、根強いキリシタンへの差別意識が存在した事がうかがえます。

***ご案内***
カトリック旧鯛ノ浦教会
〒853-3321 長崎県南松浦郡新上五島町鯛之浦郷326

カトリック頭ケ島教会

kashiragashima_01 kashiragashima_03
kashiragashima_02

大正8年(1919)の献堂。
人口十数人の小さな島にある会堂は、全国的に見ても珍しい石造り。
(西日本にはこの1つだけだそうです。)
落成までの10年もの期間、決して容易ではないその道のりに
信徒たちは祈りと労働を捧げ続けました。

***ご案内***
カトリック頭ケ島教会
〒857-4102 長崎県南松浦郡 新上五島町友住郷頭ヶ島638